【Mon】

令和4年度 農業大学校新規就農支援研修生募集 (前期募集9月21日~10月29日)

農業大学校では、県内で新たに就農を目指す方を対象に、就農に必要な栽培技術や経営のノウハウを基礎から学べる農業研修を実施しています。充実したカリキュラムで仲間とともに農業を始めてみませんか。

野菜の栽培実習
トラクター講習
農業簿記の講義

1 対象となる方

原則、研修開始前までに県内に居住し、研修終了後は県内で就農する社会人。
同一世帯から複数名の参加や研修修了者の受講はできません。

(1)プロ経営者コース 

就農予定時の年齢が原則50歳未満で、将来、地域農業の担い手として本格的な農業経営を目指す方。

(2)実践農業コース

令和4年4月1日時点の年齢が原則63歳以下で、農産物の販売により所得の確保を目指す方。

2 研修内容

就農に必要な栽培技術や経営管理、関連情報を体系的に学びます。詳しくは下記ファイルをご覧ください。

(PDF)R4年度研修生募集案内

(PDF)R4年度研修項目一覧(案)

3 研修コース・研修期間・募集人員・研修の特徴など

研修コース 受講日
受講期間
募集人員 研修の特徴
プロ経営者コース

(野菜専攻)

5日(月~金) 

8時50分~1620

令和44月~翌年3

10名程度 個人管理の研修ほ場(暖房・カーテン付きハウス、露地)で、生産から販売までの模擬経営研修を実施。要件を満たす方は、農業次世代人材投資事業(準備型)に申請可能。
実践農業コース

1組:環境にやさしい野菜栽培と麦・大豆等の作物栽培

2組:野菜栽培専攻

3日(月,,金)

8時50分~1620 

令和44月~12

各組
20
名程度
共同管理の研修ほ場で、栽培管理研修を実施。
1
組と2組のうち、どちらかを選択。

4 受講者の選考方法

書類審査及び面接

5 受講料

無料

ただし、次のものは受講者負担となります。
○教科書代、小農具代及び保険料等の実費
○プロ経営者コースは上記に加え、模擬経営研修にかかる肥料、農薬、種苗、暖房費、販売資材等の実費が必要です。

6 出願方法

所定の受講願書に必要事項を記入のうえ、熊本県立農業大学校研修部へ郵送又は持参してください。
受講願書は必ず片面印刷にしてください。
持参の場合は、熊本県立農業大学校研修部(研修交流館内)へ、平日午前9時から午後5時の間にお持ちください。
受講願書は、下記からダウンロードしてください。また、農業大学校研修部及び各地域振興局農業普及・振興課でも入手できます。

・プロ経営者コース
(PDF)R4年度受講願書(プロ経営者)

・実践農業コース
(PDF)R4年度受講願書(実践農業)

出願先

861-1113  熊本県合志市栄3805
熊本県立農業大学校 研修部

このページをシェアする
  • 農大
  • 担い手対策

カテゴリ

アーカイブ