水稲病害虫の発生傾向と防除について

~無駄のない適期防除のポイント~

はじめに

普通期水稲栽培では、7月以降収量・品質に大きく影響する様々な病害虫の発生が見られます。慣行栽培はもちろん、新品種「くまさんの輝き」などの特別栽培(減農薬・減化学肥料)での生産は、適期防除を行うことがより重要です。
そこで今回は、普通期水稲における一般的な病害虫の発生、生態とその防除のポイントについて紹介します。

ウンカ類

稲に被害をもたらすウンカ類には主に、トビイロウンカ、セジロウンカ、ヒメトビウンカの3種があります。
特にトビイロウンカ(通称秋ウンカ)は、発生が多いと、稲を吸汁することで坪状に枯死倒伏する「坪枯れ」が発生します。トビイロウンカは、例年6月末から7月初めにかけて、中国大陸から下層ジェット気流に乗って、日本へ飛来します。移植後間もない水田に飛来した成虫はあまり定着せず、イネの活着が進み、分げつ初期のイネには定着数が多くなる傾向にあります。飛来から約1か月後の7月末から8月上旬にかけて第1世代、その約1か月後に第2世代というように増殖を続けていきます。そして、9月中下旬から第3世代幼虫が増え、生育が進むにつれて坪枯れ被害が出始めます。またトビイロウンカには翅の長い長翅型と翅の短い短翅型の2タイプがあります。特に短翅型の雌成虫がいた場合は産卵数が多く、増殖力が高いため、坪枯れの発生に注意が必要です。
また、ヒメトビウンカは吸汁の被害に加えて縞葉枯病(ゆうれい病)ウィルスを媒介します。

写真1 トビイロウンカ成虫 長翅型
写真2 トビイロウンカ 短翅型

防除のポイント

ウンカ類の防除は箱施用剤使用と、世代間の若齢幼虫期(第2世代:8月上旬頃、第3世代:9月中旬頃)での本田防除が基本となります。防除の際は稲の株元にしっかりと薬剤がかかるよう散布しましょう。適期を逃すと防除効果は低下してしまうため、病害虫防除所が発表する発生予察情報を参考に、適期に防除を行ってください。

カメムシ類

格落ちの主な要因となる「着色粒」には、害虫や病原菌、稲の生理障害など、いろいろな原因があります。着色粒のひとつである「斑点米」は、カメムシの吸汁加害によって、玄米が部分的に黒く変色したものです。
特に最重要種であるクモヘリカメムシは、イネが出穂すると水田へ移動し、吸汁、繁殖します。穂揃い期の密度が1~2頭/aを超えると斑点米率が0.1%以上となるため注意が必要です。

写真3 クモヘリカメムシ

防除のポイント

生息場所となる水田周辺の雑草の除去、殺虫剤による防除および収穫後の斑点米の選別が主要な対策です。殺虫剤による防除については登熟期の幼虫防除が重要で、出穂10~14日後の本田防除が有効です。

いもち病

もち病はイネの生育全期間に発症する病気です。発生する部位によって葉いもちや穂いもちなどがあります。特に穂いもちは籾の稔実を阻害するため品質・収量に大きな影響を及ぼします。
また、いもち病は雨や多湿条件、窒素過多、密植栽培等が発生を助長するため注意が必要です。

写真4 いもち病(葉いもち)

防除のポイント

葉いもちは箱施用剤での予防が主となりますが、県内で感染好適条件日が出現した時は熊本県病害虫防除所から情報が発信されますので、これを参考にして、必要に応じて本田防除を行いましょう。
また、穂いもちの防除は出穂以降、効果が低下していくので、穂ばらみ期までに農薬散布を行いましょう。

紋枯病

紋枯病にかかると、はじめに水際に近い葉鞘に小判型の病斑が現れ、下葉からしだいに葉が枯れ上がります。また、イネの茎が弱くなることで倒伏しやすくなります。

写真5 紋枯れ病

防除のポイント

薬剤防除は出穂1~2週間前に行うのが効果的です。常発地帯では茎への蔓延が盛んになる幼穂形成期ごろに1回、さらに上位葉鞘へ進展し始める穂ばらみ期に1回行うとより効果的です。
薬剤散布は葉鞘によく付着するように下の方を狙って行いましょう。

おわりに

水稲病害虫の発生は田んぼの外から見ただけではわかりにくく、田んぼの中に入って観察しないと発生状況を見誤ることがあります。田んぼの中に入り、株元を観察してみると病害虫の早期発見につながります。被害が発生してからあわてて防除するのでは効果が低下します。被害を未然に防ぐために日常的に観察を行い適期防除を心掛けましょう。