くまもとふるさと食の名人

井 紀和子さん・西林 キヌ子さん

産山村 こんにゃくの酢味噌和え

活動紹介

産山村では、体験型ワークショップとして年に1回ほどこんにゃく作りの講習会を開催しており、お二人は講師として指導されています。
お二人が作ったこんにゃくは、村のイベント「フリマinうぶやま」や「よかとこ祭り」などで販売しています。「道の駅 波野 神楽苑」でも1個180円で販売していますので、みなさんもプルプルした自家製こんにゃくをぜひご賞味ください。

(紹介:県北広域本部 阿蘇地域振興局 農業普及・振興課)

材料

こんにゃく

こんにゃく芋 1kg(約4個分)
クヌギの木

こんにゃくの酢味噌和え

こんにゃく 500g
味噌 100g
砂糖 大さじ4
酢 大さじ1

作り方

こんにゃく

(1)クヌギの木を燃やして灰にしておく。
(2)灰1kgに対し水3Lの割合で鍋に入れ沸騰させ、ざるの上に新聞紙3枚、手ぬぐい1枚を重ね濾過機を作り、灰を濾し、灰汁を作る。
(3)こんにゃく芋を箸がささる程度の固さになるまで煮る(約30分)。
(4)(3)のこんにゃく芋と50~60℃のお湯3000ccをミキサーにかけ(30秒程度)、弾力がでるまでこねる。(※こんにゃく芋1kgに対しお湯3000cc)
(5)(4)に(2)で作った灰汁を、数回に分け固さを見ながらこね合わせる(1kgに対し灰汁150~180cc) 。
(6)こねたこんにゃく芋を中の空気を抜きながら丸め、50分以上茹で、冷水で30分程度芯まで冷やす。

こんにゃくの酢味噌和え

(1)こんにゃくを薄くスライスする。
(2)味噌、砂糖、酢をよく混ぜ、(1)と和える。

ココがポイント

・クヌギの灰は完全に燃えて灰になったものを使用する(炭が混ざらないように)。 灰汁の濃さでこんにゃくの固さが変わります。

このページをシェアする

ご紹介
農家数

現 在

79

2019年12月

岩下 和美さん

苓北町 緋扇貝と白菜の米粉クリーム煮

くまもとふるさと食の名人

わさもんピックアップ農家紹介

2019年11月

八代市鏡町・氷川町網道 清田 一生さん・河野 隆盛さん

フレッシュな人たち

熊本で活躍する若手農家の皆さんをご紹介いたします!

2019年12月

温州みかん、デコポン、かすみ草

宇城市 戸馳島発!! 儲かる農業へのこだわり

こだわっとる農

まじめに、正直に、一生懸命に、 長年農業に携わり、こだわりの農業を実践する農家の皆さんをご紹介いたします!

2019年12月

花き(トルコギキョウ、ストック等

高森町 「つながりが世界を広げる」~農業の可能性は無限大~

キラッと輝く女性たち

県内各地で活躍されている女性農業者やグループを紹介するコーナーです。農業についてだけでなく、その人となり、趣味や暮らし、地域の活動を楽しんでいる様子にもスポットを当てています。

2019年12月

岩下 和美さん

苓北町 緋扇貝と白菜の米粉クリーム煮

くまもとふるさと食の名人

熊本の郷土料理や伝統料理の、卓越した知識や技術を有し、伝承活動に取り組んでいる方をご紹介します。