くまもとふるさと食の名人

城戸 アサノさん

芦北町 黒糖まんじゅう

活動紹介

芦北町の城戸アサノさんは、平成19年度に食の名人に認定されました。
食生活改善推進委員を40年程務められたほか、JA女性部、地域婦人会での活動や、社会教育センターでボランティアの料理教室を30年余り開催してきました。昨年には、老人会の会長となり、現在50名の会員で趣向を凝らした行事の企画や運営もされています。今回ご紹介する黒糖まんじゅうは、お彼岸や法事、田植等の御茶請けとして、地域の方々に大変喜ばれています。

(紹介:県南広域本部 芦北 農業普及・振興課)

材料

まんじゅうの皮(60個分)

黒砂糖 500g
薄力粉 1kg
炭酸ソーダ 40g
卵(L卵) 3個
水 200ml
はちみつ 大さじ2
酢 80ml
うす板(60個分)

粒あん ※こしあん・粒あんどちらでも。

小豆 750g
砂糖 1kg
塩 15g

こしあん

夏豆 1升
砂糖 700g
塩 大さじ1杯
炭酸ソーダ 小さじ1杯

作り方

(1)生地をまとめ易くするため、上記とは別に薄力粉50g程をふるっておく。
(2)黒糖と水を鍋に入れ温める。黒糖が溶けたら蜂蜜を加えて、冷ます。
(3)卵を黄身と白身に分け、白身をボールに入れてメレンゲを作り、その中に黄身、炭酸ソーダ、酢を入れて軽く混ぜ、冷めた(2)を加え良く混ぜる。
(4)(3)に薄力粉をカップ1杯ずつほど振るいながら入れ、初めに泡立て器で混ぜ、これを繰り返す。薄力粉を全て混ぜて、別で振るった粉を手につけながらまとめ、ねかせる。
(5)丸めておいたあんを生地で包み、うす板(万十の葉)の上にのせ、蒸し器(強火)で12~14分蒸す。

ココがポイント

・生地が軟らかいので、作業がし易いように、別でふるった薄力粉を手につけながらまとめ、あんを包んでいく。生地は少し時間をおくとよい。
・蒸し器は蒸気が落ちるため、一段のみ使う。

このページをシェアする

ご紹介
農家数

現 在

79

2019年12月

岩下 和美さん

苓北町 緋扇貝と白菜の米粉クリーム煮

くまもとふるさと食の名人

わさもんピックアップ農家紹介

2019年11月

八代市鏡町・氷川町網道 清田 一生さん・河野 隆盛さん

フレッシュな人たち

熊本で活躍する若手農家の皆さんをご紹介いたします!

2019年12月

温州みかん、デコポン、かすみ草

宇城市 戸馳島発!! 儲かる農業へのこだわり

こだわっとる農

まじめに、正直に、一生懸命に、 長年農業に携わり、こだわりの農業を実践する農家の皆さんをご紹介いたします!

2019年12月

花き(トルコギキョウ、ストック等

高森町 「つながりが世界を広げる」~農業の可能性は無限大~

キラッと輝く女性たち

県内各地で活躍されている女性農業者やグループを紹介するコーナーです。農業についてだけでなく、その人となり、趣味や暮らし、地域の活動を楽しんでいる様子にもスポットを当てています。

2019年12月

岩下 和美さん

苓北町 緋扇貝と白菜の米粉クリーム煮

くまもとふるさと食の名人

熊本の郷土料理や伝統料理の、卓越した知識や技術を有し、伝承活動に取り組んでいる方をご紹介します。