【Tue】

秋の農作業安全確認運動が始まりました!!  ~まずはワンチェック、ワンアクションで農作業安全~

秋は農作業事故が増える季節

猛暑が続いた夏がようやく終りを迎え、いよいよ秋になります。
秋は収穫など作業が本格的にスタートする時期。統計的に見ても、秋は春に続いて農作業事故が増える時期です(図1)。
農業就業人口が減少する中、毎年約300人以上発生し続けている農作業死亡事故を減少させるため、秋作業が行われる9~10月を重点期間として、全国的に「秋の農作業安全確認運動」を展開しています。
平成30年の運動については、GAP(生産工程管理)の周知を通じた現場の安全活動、農業者への安全確保の声かけ、注意喚起など、農作業事故防止対策の取り組みを進めています。

図1

刈払機の事故に注意!

今年は8月後半から9月上旬にかけて長雨が続きました。長雨の後の晴れ間に、畦畔の草刈作業に精を出した方も多かったのではないでしょうか。
今回は、草刈り作業に欠かせない、刈払機に多い事故と対策をご紹介します。
刈払機事故は、斜面・法面での不安定な姿勢による事故が最も多く、次いでキックバックやチップの飛散など、回転刃による事故、回転を止めず草の詰まりなどを除こうとして起こる事故、草むらの中の杭や空き缶などに起因する事故があげられます。

1.斜面・法面での不安定な姿勢による事故

(事例1)雨あがりの法面で草刈作業中、足が滑り斜面を滑り落ち、回ったままの回転刃で足を負傷した。

 

草に覆われた斜面は、見た目よりも滑りやすいため、雨などで作業面が濡れている時の作業は避けましょう。

2.回転刃による事故

(事例2)慣れた場所で短時間の草刈りを行おうとして、飛散物防護カバーなど安全装置を装備しなかったため、チップソーが目に飛び込み負傷。

 

飛散物防護カバーなどの安全装置を装備して適切に使用することが重要です。

(事例3)背負い式刈払機で水田畦畔の草刈りが終了したので、地面に置いたとき、最低速で回転していた刃が地面に当たり、反動で手前に戻って来て左足中指を負傷。

 

刈払機の多くは、刈刃が上から見て反時計回りに回転しており、右から左に払うように刈り取ります。
逆方向で刈ると、キックバックを起こしやすく、地面や木などに当たって自分に跳ね返ってくるこ
があり危険です。

地道な対策を

作業を行う前に、空き缶や空き瓶、ペットボトル、小石などは事前に除去します。新たに借りた圃場などは、穴や窪み、切り株など、危険個所の事前確認は必須です。
また、農業の大規模化が進む中で、農業初心者の雇用も珍しくなくなりました。農作業に潜むリスクを正確に伝え、農業機械の正しい使い方を教育することは、雇用者の重要な義務です。
刈払機による死亡事故は少ないものの、指の切断や失明など、その後の農業経営に影響を及ぼす負傷事故が多く見受けられます。
農業に携わる方全員が心身ともに健康で、事故なく継続して農作業ができるよう、地道な対策に取り組みましょう!

(出典:(社)全国農業改良普及支援協会「農作業安全『リスクカルテ』」)

このページをシェアする
  • 農作業安全
  • 生産力強化対策

カテゴリ

アーカイブ