湿地性カラー「熊本FC01」での苞褐変抑制は、ミラクルミストの1回処理で良い

農業研究センター 農産園芸研究所 花き研究室

研究のねらい

湿地性カラー「熊本FC01」は、収穫後の苞の萎れまたは褐変により観賞価値が下がります(図1)。これを抑制する方法として、苞をBA100ppm液または切り花生産者用前処理剤ミラクルミスト(クリザールジャパン(株))500倍希釈液に瞬間浸漬(図2)する効果が明らかとなっています(農業研究成果情報No.675)。しかし、検証は1回処理した場合のみであったため、ここでは複数回処理した場合の効果について明らかにします。

図1 苞の萎れ・褐変
図2 瞬間浸漬(イメージ)

研究の成果

1.ミラクルミストを処理すると無処理と比べて、苞の褐変が抑えられました。全ての切り花で苞が褐変した日は、ミラクルミスト処理により無処理と比べて1月収穫で2~3日、5月収穫で4日遅くなりました(図3、図4)。

2.ミラクルミストの処理回数による苞の褐変の差は、1月収穫および5月収穫ともに、小さかったです(図3)。

図3 ミラクルミスト処理回数の違いが苞の褐変に及ぼす影響
左:無処理                      右:ミラクルミスト1回処理
図4 ミラクルミスト処理による苞の褐変抑制
(5月収穫:日持ち調査開始後10日目)

普及上の留意点等

1.1月収穫は、2020年1月21日に収穫し切り花長60cmに調整しました。
2.5月収穫は、2020年5月7日および11日に収穫し切り花長70cmに調整しました。
3.吸水処理は、10暗黒下で水道水を入れたバケツに生けて行いました。
4.ミラクルミスト処理は1回目を採花直後、2回目は採花6時間後、3回目は採花24時間後に実施しました。
5.生け花後の日持ち調査は、恒温室(25・12時間照明設定)で、水道水500mLを入れた1L花瓶に切り花を1本ずつ生け、生け水は毎日交換しました。

 

花き