芦北エリア

芦北地域は水俣市、芦北郡を所管しています。熊本県の南部に位置し、八代海の海岸線に沿って起伏に富んだ地形が形成され、平坦地が少ない中山間地域です。温暖な気候を活かして、田 (マルタ)ブランドの甘夏や不知火類(デコポン)、早生たまねぎ (サラたまちゃん)など、全国的に認知されている地域ブランド作物が生産されています。
特に、農業産出額の約5割を占める果樹は地域の基幹作物であり、なかでも不知火類(デコポン)は、12月の加温栽培から鮮度保持資材を活用した6月までの長期安定出荷が行われており、県内有数の産地です。また、肉用牛では「あしきた牛」ブランドとして、高品質な牛肉の生産が行われており、各種共励会で上位入賞するなど、県内外から高い評価を受けています。

このエリアに関するお問い合わせはこちら

県南広域本部 芦北地域振興局 農業普及・振興課

〒869-5461 葦北郡芦北町芦北2670

電話:0966-82-5194

FAX :0966-82-2373

芦北エリア普及現地情報

2022年3月

亀萬酒造と地元生産者の連携による中山間地域活性化の取り組み ~酒米生産による農業所得アップを目指して~

中山間農業モデル地区強化事業に取り組んでいる津奈木町倉谷・古中尾地区では、酒米を高単価作物と位置づけ、「山田錦」約1haを栽培しています。酒米は地元酒造会社である亀萬酒造で醸造され、津奈木町産を極めた日本酒として販売されています。主食用米に比べ安定した高単価が望める一方、長稈で倒伏しやすいため、栽培方法や収穫時の労力が問題となっていました。
そこで、栽培技術の普及と高位平準化を目指す取り組みとして、3月2日に酒米生産研究会を開催しました。研究会では、生産者4名、亀萬酒造、町役場等が参加し、①農業革新支援専門員から「県内における酒米生産状況」、②亀萬酒造から「山田錦の酒造特性」、③当課から「山田錦の栽培特性や当地区における現状等」について、説明を行いました。
生産者からは倒伏軽減のポイントや収穫適期等について多く質問があり、活発な意見交換ができました。さらに、今後の活動として、他地域とのオンライン意見交換会等の提案もあり、有意義な研究会となりました。当課では、「栽培面積を増やしたい」という生産者と亀萬酒造の要望もあるため、今後も関係機関と連携し、栽培基準を作成するなど酒米の安定生産や作付面積の拡大を支援していきます。
また、亀萬酒造では古代赤米を原料とした赤ワインのような色をした日本酒の醸造をしています。今後、芦北地域での原料生産を検討しており、古代赤米に適した栽培方法について併せて支援を行っていきます。

2022年2月

全国とつながる芦北独自のオンライン就農相談を導入

農業普及・振興課が事務局を務める芦北地方農業振興協議会では、地域の基幹作物である果樹の新たな担い手の確保に向けて、今年度から独自のオンライン就農相談を導入し、取り組んでいます。
12月11日に開催した「芦北地方新規就農バスツアー」の参加者から就農支援についてもっと詳しく聞きたいとの要望があり、オンライン相談を12月24日に実施しました。当課及びJAあしきた担当者が芦北地域の就農支援制度について説明を行ったところ、相談者からは「思っていた以上に手厚いサポートがあり、安心した。」との感想が聞かれました。
オンライン相談を導入したことで、遠方の相談者でもすぐに顔を見ながら複数の関係機関で協力して相談を受けることができ、関係者からも好評です。
さらに、令和4年2月10日に協議会ホームページをリニューアルオープンし、新規就農者紹介やオンライン相談予約ページを追加しました。これにより相互の都合が良い日程で納得できるまで相談が可能となり、就農相談者の開拓等、新たな担い手確保の加速化が期待されます。
当課では、今後も関係機関と連携し、就農相談から定着につながる取り組みを進めていきます。

2022年2月

茶講座
茶種の説明

芦北高校でお茶講座開催!!

芦北・水俣地域は県内でも有数なお茶の産地ですが、管内の農業高校では、お茶についての授業がほとんどなく、地元で生産されるお茶の理解促進につなげるため、芦北高校農業科の1年生22名に対し、12月13日(月)に講座を開催しました。
講座では、お茶が年貢として扱われた史実、水俣が茶産地となっていった背景、お茶の成分であるカテキンが風邪予防につながるという効能や、お茶の植付けから、茶園となり収穫が出来るようにするまでの管理について説明を行いました。
併せて、お茶の製造工程は動画を交えながら進め、茶種については、実物を見せながら、特徴について説明しました。
生徒からの質疑や意見交換などを積極的に取り入れた双方向の講義にすることで、生徒からは、「お茶に興味を持てた。初めて知る事ばかりで勉強になった。いろいろなお茶を飲んでみたい」と好評でした。
当課では、今後もお茶講座を通じてお茶の振興を図っていきます。

2022年2月

会議の様子

地域一体となった鳥獣害対策の実施へ!

芦北地域では、近年シカによる果樹の苗木等への食害が大幅に増加しています。捕獲頭数は増えているものの、被害が減少せず、農家から対策を求める声が大きくなっていました。そこで、鳥獣害対策に関する情報を共有し、効果的な対策につなげることを目的に、関係機関が集まり連携会議を開催しました。
会議では、県、市町、JAから被害状況や取組について情報提供があり、それぞれが鳥獣害への危機意識をもち、対策に取り組んでいることを確認できました。なかでも芦北町では、すでに10月時点までのシカ捕獲頭数が昨年度を上回っており、来年度以降、国庫事業の活用による防護柵設置の促進を検討しています。
また、林務課からシカ被害プロット調査の結果、当地域はヒノキへの被害率が県内で最も高いため、ドローン等を活用して生息域を把握し、狩猟による捕獲圧を高める取組みを進めていくとの説明がありました。
意見交換では「被害調査はどのように実施しているのか」、「芦北地域で免許講習会を開催してほしい」との意見があり、対策と併せて、被害防止に対する農家の意識を向上させる取り組みの重要性を確認しました。
当課は今後も、市町、JA及び林務課と連携し、鳥獣害対策の一層の推進を図ります。

2022年2月

ロボットトラクタ実演の様子
ラジコン草刈り機実演の様子

もっと身近に!スマート農業理解促進授業を開催

農業の将来の担い手となる農業高校の生徒へ向け、省力化や高品質生産等を可能にする新たな技術であるスマート農業への理解を深め、身近に感じてもらうことを目的に、スマート農業理解促進授業を芦北高校で開催しました。
授業では、農業機械メーカー協力のもと、スマート農業の概要を説明し、水田でドローンによる散布やラジコン草刈り機など農業機械の実演を行いました。
ロボットトラクタの運転席に乗り自動作業・自動旋回を体験した生徒からは「スタートボタンを押しただけで、なにもしなかった」といった驚きの声があり、スマート農業へ興味を持つきっかけとなりました。
当課は今後も将来の担い手への農業の魅力発信と農作業の省力化や高品質・高収量の実現に向けたスマート農業の推進を関係機関と連携して取り組んでいきます。

2022年1月

生産要因分析に係る現地検討会
JAあしきたマルタ選果場

令和3年産「デコポン」、好調なスタート!!

芦北地域の主要品目「デコポン」の選果が11月29日開始され、初売りが12月3日に行われました。合格率も高く、好調なスタートを切っています。
当地域では、加温デコポンのさらなる高品質化に向けヒリュウ台「聖秀」※の導入に取り組んでおり、JAと連携し、早期成園化と栽培技術確立のため、平成29年から現地試験を行なっています。これまでの知見を踏まえて生産指導を行ない、導入面積は2.5haまで拡大しました。
また、高品質果実の安定生産に向け、合格率が異なる加温栽培農家10名の温度管理とかん水方法についてアンケート調査を行い、高品質生産管理のポイントをまとめたチェックシートの作成を検討しています。
今後もデコポンの品質向上に向け、ヒリュウ台「聖秀」への計画的な改植を推進するとともに、加温栽培における農家自ら技術改善が行える仕組みづくりに取組んでいきます。

※ヒリュウ台:カンキツのわい性台木で、従来のカラタチより樹勢が弱く、樹がコンパクトで糖度が高くなる。
※「聖秀」:JAあしきたが品種登録した果皮・果肉色の赤みが強い「肥の豊」の変異系統。

2022年1月

講演の様子
バーンミーティングの様子

令和3年度芦北地域肉用牛繁殖技術講演会を開催

JAあしきたの銘柄牛「くまもと黒毛和牛あしきた牛」のブランド力向上に向けた地域内一貫生産体制の確立に資するため、芦北地域の肉用牛繁殖農家の子牛育成技術向上を目的に、11月29日、30日の2日間に渡り、振興局とJAあしきた主催で繁殖講演会を開催しました。
1日目は、日本全薬工業株式会社から講師を招き、子牛の初期発育の重要性や、子牛の哺乳・離乳方法を中心とした飼養管理についてご講演をいただきました。
2日目は、芦北町の2件の農場を会場に、講師と参加者とで実際に飼養管理の状況を確認しながら講師からアドバイスをいただく、バーンミーティングを行いました。
管内肉用牛繁殖農家、市町等から2日間で延べ55名の参加があり、全体を通して、繁殖農家から普段の飼養管理での疑問点についての質問が多数出て、飼養管理技術向上につながる非常に有意義な講演会となりました。
当課は今後も「くまもと黒毛和牛あしきた牛」の地域内一貫生産体制の確立に向けて、関係機関と連携して取り組んでいきます。

2021年12月

水俣・芦北地域悪性家畜伝染病防疫演習を開催

悪性家畜伝染病(高病原性鳥インフルエンザ等)が発生した場合、迅速な初動防疫措置を行うために、関係者の連携確認及び防疫作業への理解を促進することを目的に、10月29日に関係機関の55人が集まり防疫演習を開催しました。
演習は3部構成で行い、第1部では支援センターの設営及び運営を行いました。演習に参加した担当者でゼロから支援センターを設営したため、はじめは戸惑う場面も見られましたが、広い会場内でレイアウト通りに配置する手順や、動員者が到着後からの運営の流れを確認することができました。
第2部では現場事務所運営、第3部では消毒ポイント運営の実演を行いました。現場事務所実演では、防疫従事者が現場事務所と農場を往復する間の動線を確認するとともに、現場事務所に帰ってくる際の全身消毒用ゲートも稼働させました。消毒ポイント実演では引き込み式車両消毒と、組立型消毒槽による車両消毒の2パターンを実演しました。
全体を通して、悪性家畜伝染病が発生した際の後方支援に係る業務内容の確認と、関係機関の役割分担について改めて確認することができました。
当課は今後とも、関係機関と連携を取りながら、防疫対策の強化に努めます。

2021年12月

芦北地方青年農業者会議集合写真
プロジェクト発表の様子

青年農業者自ら課題を発見し、解決に向けて前進!

芦北地方青年農業者クラブ連絡協議会(芦北地方4Hクラブ)は、将来を担う優れた経営主を目指して、クラブ員自ら課題を発見し、解決能力を身につけるためプロジェクト活動に取組んでいます。令和3年11月5日、取組んだ課題の発表の場として、芦北地方青年農業者会議を開催しました。
今年は、新体制となった4Hクラブ役員が一人一課題発表を目標に掲げ、青年主張の部1名、プロジェクト部門3名の発表(発表数は昨年の2倍)となりました。担当部門の普及指導員による精力的なマンツーマン支援もあり、各部門で理想の経営を目指した課題発表が堂々と行われました。特に秀賞となった畜産部門では、「地域に根付いた畜産経営を目指して」と題し、水俣産の飼料用米の活用による産地の発展を目標としたプロジェクト活動となっており、審査員から今後の取組み成果に大きな期待が寄せられました。また、プロジェクト発表とは別に4名のクラブ員が自身の経営目標を発表したことで、クラブ員全員から「例年以上に有意義な会議となり、大変勉強になった。」との意見が聞かれるなど、大変活気のある会議となりました。
当課では青年農業者の課題解決能力向上のため、引続き支援に取組みます。

2021年11月

研修会の様子
アシストスーツの実演

若手農業者によるスマート農業視察研修

芦北地方青年農業者クラブでは、農業技術の知識習得と営農意欲の向上を目的に様々な研修を実施しています。クラブ員の過半数を果樹農家が占める当クラブでは、果樹で最も労力負担が大きい収穫作業の軽減技術を検討していました。そこで、スマート農業に関する知識の習得と、技術を学ぶため、農業研究センターアグリシステム総合研究所で視察研修を行いました。
研修では、①アグリ総研で実施されているスマート農業に関する試験概要の紹介、②ドローンを活用した生育診断、③アシストスーツの実演等が行われました。アシストスーツの実演では、異なる3社のアシストスーツを装着し、負担軽減効果や装着作業性等を比較するとともに、担当研究員の意見を聴くことでアシストスーツの労力軽減効果を確認することができました。
クラブ員からは、「実際にアシストスーツを装着できて、具体的な作業をイメージできた。」、「今年度スーツを借りて、効果次第では購入したい。」等の声が聞かれるなど、有意義な研修となりました。
当課は、若手農業者の経営改善に向けたプロジェクト活動など地域のリーダーとなる農業者育成に向け、引き継ぎ支援していきます。

2021年11月

カキ「太秋」出荷目均し会
低樹高ジョイント栽培園の収量調査

あしきた「太秋」ブランド確立と安定生産に向けて

芦北地域は、県内でもカキ「太秋」栽培が盛んな地域の一つです。昨年は、7月豪雨で被災した園地もあり生産量が大きく減少しました。今年は、8月中旬の長雨と日照不足で生理落果があったことから収量がやや少ない園地があるものの、被災園も復旧し生産量は回復基調です。10月中旬から始まる「太秋」の出荷に際し、10月7日JAあしきた柿部会の出荷目均し会が行われ、果実外観や大きさ等の出荷基準を確認し、あしきた「太秋」ブランド確立に向け厳選出荷の徹底を部会員に呼びかけました。
また、当地域では、生産者の高齢化に対応し、作業の省力・軽労化が図れる低樹高ジョイント栽培技術の導入を進めています。平成27年から実証展示ほを設け、管内技術員で栽培技術を実証し、得られた知見を基にした低樹高ジョイント栽培のマニュアルを作成しているところです。今年度は、実証展示ほ3園で連年安定生産に向けた着果・枝梢管理についてJA技術員と検討しています。また、9月28日に管内の低樹高ジョイント栽培園の収量調査を行った結果、概ね目標収量に到達していました。今年度の結果を踏まえて低樹高ジョイント栽培マニュアルを完成させ、技術のポイントを技術員が共有し指導することで、導入農家の安定生産につなげていきます。

2021年9月

払落し調査の様子

トビイロウンカ防除情報の周知体制を強化!

芦北地域では、水稲の海外飛来性重要害虫であるトビイロウンカによる坪枯れ被害の対策として、これまで移植日の見直しや防除効果の高い新規箱施薬剤への切り替え等の指導を行っておりましたが、生産者への本田で行う防除適期等のよりタイムリーな情報伝達が課題となっていました。
そこで、7月6日に関係機関で会議を開催し、防除情報の周知方法について協議を行いました。協議の結果、当課で定期的に実施する払落し調査結果に応じた防除情報や県病害虫防除所のトビイロウンカ発生の注意報や警報の発表について、①市町では、防災無線や有線放送、HPを活用し、②JAでは従来行ってきた講習会や掲示等での周知に加え、SNSを活用した周知を実施していくこととなりました。
今後、さらに関係機関と連携しながら、生産者へ防除情報を的確かつ迅速に伝達し、被害防止につなげていきます。

もっと過去の普及現地情報についてはアーカイブで年を選択してください。

エリアカテゴリ