阿蘇エリア

阿蘇地域は阿蘇市、阿蘇郡を所管しています。標高が200~900mと高低差が大きく、年平均気温は11~14℃で気候は冷涼であり、年間降水量は県内平坦地の1.5倍となっています。
農業生産は、減農薬・減化学肥料栽培による水稲(阿蘇コシヒカリ)や大豆、飼料用稲(WCS)、飼料作物が栽培され、水田裏作として麦が導入されています。野菜は夏季の冷涼な気候を活かした夏秋野菜産地として、トマト、アスパラガス、ホウレンソウ、ナス、ダイコン、キャベツなどが栽培されるほか、冬季にはイチゴの生産が行われています。また、花きでは、トルコギキョウ、リンドウなどが栽培されています。さらに、畜産では広大な牧野(放牧、採草)を活用した肉用牛繁殖経営や、大規模酪農経営が営まれています。

このエリアに関するお問い合わせはこちら

県北広域本部 阿蘇地域振興局 農業普及・振興課

〒869-2612 阿蘇市一の宮町宮地2402

電話:0967-22-0622

FAX :0967-22-3563

阿蘇エリア普及現地情報

アーカイブ

2020年2月

設立総会の様子

高森町で地域営農法人(農)矢村の杜が設立

11月6日に高森町南在地区で、町としては2つ目の農事組合法人「矢村の杜」が設立されました。
当地区は中山間地でほ場は基盤整備されておらず、営農組合などの組織もなく、次世代へ農地をいかにして引き継ぐかが喫緊の課題となっていました。
このため、平成30年度から農地集積加速化事業を活用して農地集積の手法や担い手の形態などの検討を計38回行い、15名が参加する法人(集積面積約17ha)の設立に至りました。 
今後は、法人への農地集積を推進し、機械の整理合理化によるコスト削減等を進め、経営安定化を目指します。
当課では、関係機関と連携し経営安定化に向け、中山間地域に適した新技術導入や補助事業の活用等の支援を引き続き行っていきます。

2020年1月

研修会の様子
研修会の様子

家族・家庭の役割とは!?阿蘇地方生活研究グループ研修会の開催

阿蘇地方生活研究グループは、当地域の農村女性約130名で構成され、学校での食育活動や農産加工品の開発等を通じて、郷土料理の伝承や農村活性化に取り組まれています。
去る12月12日に共通課題「家族」をテーマに、阿蘇市農村環境改善センターで研修会を開催し、約70名が参加されました。
今回、熊本家庭教育研究所の工藤英子氏を講師に招き、「安心してください!みんないい家族」の題目で講演いただきました。最近は、スマートフォンのSNSによる事件や子供の虐待などが、多く報道されており、家族を取り巻く社会環境も大きく変化しているとの説明がありました。
講演内容が身近なもので共感を生んだため、終了時刻を過ぎるほどの熱心な質疑・応答がありました。参加者からは「家庭は大切だと改めて思った」、「私たちにできることもたくさん あること知った」などの声が聞かれました。
当課では、研修課題の提案や開催の支援・助言を行っており、本年3月には10回目となる「阿蘇ふるさと食の文化祭」の開催が計画されています。今後もますます阿蘇から農村女性パワーを発信していきます。

2020年1月

4Hクラブ員発表者
グループワーク

阿蘇地方青年農業者会議開催

去る12月17日、阿蘇地域振興局で阿蘇地方青年農業者会議が開催されました。
今年度は意見発表2題、プロジェクト活動4題をそれぞれ発表されました。今年度加入した新規クラブ員も発表され、活発な質疑・応答が行われました。
また、今年度は、グループワークが初めて行われました。「農業で儲かるためにはどうすればいいのか、5年後のあるべき姿として今から何をすべきか」のテーマをクラブ員・行政・普及を交えて意見交換を行いました。最後にクラブ員の代表1名が各班の意見を取りまとめてそれぞれ発表し、情報共有ができました。クラブ員が一人一人役割や責任を持ち、すばらしい会議にすることができました。
今後は、1月28日に開催される熊本県青年農業者会議で優秀な成績が収められるように、クラブ員と当課と一丸となって発表内容をさらに磨き上げていきます。当課では、本会議の成果を踏まえ、各クラブ員がプロジェクト活動に楽しく取り組めるように動機づけと環境づくりを進めていきます。

2020年1月

南阿蘇村展示ほ(R元年12月)
高森町展示ほ(R元年12月)

もち性大麦の展示ほ調査

阿蘇地域では近年地域営農法人の設立が続いており、当課では法人設立後の経営安定に向けて、裏作として大麦を推進しています。
これまで、管内の大麦作付は阿蘇市の基盤整備されたほ場がほとんどでしたが、管内の中山間地域の2法人(高森町、南阿蘇村)から、近年ダイエット食品やグラノーラの材料で注目されているもち性大麦の新規作付の意向を受けました。このため、8月と10月に実需者やJAなど関係機関を参集し、品種選定や展示ほ設置を決定しました。
11月上旬のソバ収穫後、もち性大麦2品種の播種(高森町で約155a、南阿蘇村で約70a)が行われました。このうち、南阿蘇村の展示ほで、生産者と生育状況を確認しながら調査を行っています。播種後、高温多照傾向で推移したことから、現在、出芽、初期生育は良好となっています。
当課では今後も生育状況の確認を行いながら、適期追肥など栽培管理技術指導を行っていきます。

2020年1月

光線透過率調査の状況(ハウス内外で同時に照度を測定)

ハウスフィルムの光線透過率を調査

阿蘇中岳は7月下旬から連日噴火・降灰が継続しており、11月以降、降灰量が増加傾向であるため、現在栽培中のイチゴの他、多様な品目で来春からの栽培への影響が懸念されています。
生産者は、度重なるハウスへの降灰によるフィルムの汚れや劣化を特に心配しており、被害状況の把握が必要となっています。
当課では、12月にJA及び市町村と協力し、管内7市町村におけるハウスフィルムの光線透過率調査を初めて実施しました。ハウス50棟を対象にサンプリング調査を行った結果、光線透過率が大きく低下している地域を確認しました。
今回の調査結果を関係機関とも共有し、必要な降灰対策を進めるとともに、引き続き被害状況の把握に努めていきます。

2020年1月

草勢を示す茎径のグラフ
出荷反省会での調査報告の様子

トマト生育調査結果を説明

12月に開催されたJA阿蘇トマト・ミニトマト部会の出荷反省会において、5~10月にかけて行ったトマト農家4戸の生育調査結果とこれらの結果をもとに作成した栽培管理や肥培管理のポイントを説明しました。
具体的には、反収の多いほ場は、
① 初期の草勢が強く、安定していること
② 収穫果実数がおおいこと
③ 施肥量が多くない傾向があること
が分かり、グラフにまとめて説明しました。出席された生産者の方々から分
かりやすかったという声をいただきました。
また、来年度は、今回行うことができなかった定植直後からの生育調査をはじめ、排水性に課題がある水田でのトマトほ場を対象とした詳細な調査を行っていきたいと思います。これらの調査をもとに、栽培管理技術の向上につなげ、阿蘇地域全体のトマト生産性向上を図っていきます。

2020年1月

出荷が始まった充実した株

イチゴの出荷が始まりました

阿蘇地域では、恋みのり、ゆうべに、さがほのかの3品種を中心にイチゴが作付されています。今年も県内でいち早くイチゴの出荷が始まりました。11月上旬からはJA阿蘇いちご部会のパックセンターが稼働し、出荷が本格化する見込みです。
本年度は、例年より花芽分化が早く、定植も早めに始まりました。定植後の活着も順調に進み、好天にも恵まれたことから、充実した株となっています。降灰の影響も心配されましたが、これまで大きな問題もなく順調に生育しています。
当課では、ゆうべにの定植時期の適正化を目的とした展示ほを2ヶ所設置し、初期の草勢確保による収量安定効果を実証しています。この調査結果を含め、有効な技術情報を、今後の栽培技術講習会や巡回指導を通して提供していきます。

2019年12月

種苗会社による品種説明の様子
トルコギキョウ栽培ほ場

トルコギキョウ品種説明会の開催

阿蘇地域の花き生産では、トルコギキョウが主要な品目となっています。特に、夏秋期の重要な出荷の役割を担っており、県全体の周年出荷を可能としています。
トルコギキョウの生産者は、高齢化に伴い面積を縮小する傾向にありますが、近年、数名の若手が新たに作付けを開始しており、産地の維持及び活性化が期待されています。一方、当地域の課題として、各生産者が品種や定植時期を決定するため、品種のばらつきや出荷量の増減により安定した市場供給が行えていないことが挙げられます。
このため、去る11月22日にJA阿蘇が主催し、来年産の作付けに向けたトルコギキョウの品種説明会が開催されました。種苗会社6社から新品種の説明や当地域の作型に合う品種組合せが提案されました。また、市場担当者から今年産の出荷状況や情勢報告が行われ、色のバリエーション確保や出荷量の平準化についての要望がありました。
当課では、今回の説明会の内容もふまえ、関係機関と協力して、品種や定植時期の現状調査を行い、当地域に適合する品種の選定と定植・出荷計画を助言し、稼げる花き経営に繋げていきます。

2019年12月

出荷反省会の様子
アスパラガス栽培の様子

JA阿蘇アスパラ部会が販売額8億円を突破

阿蘇地域では、夏場の冷涼な気候を活かした夏秋野菜の生産が盛んです。特に、アスパラガスは、トマトに次ぐ主力品目となっており、栽培面積、栽培戸数ともに微増傾向です。
12月5日に開催された令和元年度JA阿蘇アスパラ部会出荷反省会において、販売額が初めて8億円を突破したことが報告されました。本年は、前年より約7,000万円超の大幅な伸びとなっています。
この要因は、アスパラガス栽培が当地域に適しており、関係機関が一丸となって生産振興していること、講習会により栽培技術が向上していること、JA販売担当者と取引市場が密に情報交換を行い、販売価格の向上に努めていること、「農業師匠」等により後継者の確保・育成が図られていることなどが考えられます。
また、当部会からは、高原農業研究所において当地域に適した品種選定や新たな栽培技術の確立などの現地での研究実施を望む声や降灰対策事業の要望が出されました。
当課では、これらの要望を関係機関につなぎ、対応を進めるほか、栽培技術の向上に向けた現地調査や講習会を継続して行い、稼げる農業経営を推進していきます。

2019年12月

ロボットコンバインによる稲刈りの様子

水稲生産コスト低減を図るための新技術の取り組み

当課では、水稲生産コストの低減を図るため密播技術の展示ほを設置しており、9月11日に阿蘇市の地域営農法人の展示ほの現地検討会に併せて、収量センサー及び自動運転アシスト機能付のロボットコンバインの実演会を開催しました。
当該機械は収穫した籾米のタンパク質含有率や収量が自動で計測されるだけでなく、ほ場の周囲5mを手動で刈取りを行えば、操縦者を乗せた状態での自動運転が可能です。また、籾米タンクが満杯になると、収穫をやめて自動で籾を排出する場所へ移動します。実際に乗車した法人の構成員からは、「操作しなくていいから便利だ。」という声が聞かれ、他の参加者からも熱心に質問が行われていました。
当課では、従来の収量調査と当該機械の収量データについて比較検討を行うなど、今後も新技術やスマート農業の情報提供を行っていきます。

2018年12月

多収品種「やまだわら」の現地検

JA阿蘇では、共乾施設の利用向上と堅調な需要が見込める業務用米を検討するため、本年度から多収品種「やまだわら」を約62ha作付しています。一方でこの品種は、平担地向けの晩生品種であるため、高冷地での登熟期間の確保が課題と考え、移植時期と収量との関係について調査を行っています。
10月3日にはJA、地区代表の生産者の計15名と巡回して生育状況を把握し、刈取時期を検討しました。生育期間を通じておおむね好天に恵まれたため、全てのほ場で生育量は確保されていたものの、10月上旬からの気温低下の影響により、5月下旬移植のものは、登熟不足による収量低下が懸念される結果となりました。
今後、当課ではJAと連携し、筆ごとの移植期と収量の関係を明らかにするとともに、阿蘇地域の「やまだわら」栽培暦を作成し、安定生産を進めていきます。

2018年11月

いちご「ゆうべに」の定植に向けて!

県育成オリジナル品種いちご「ゆうべに」の定植に向け、現地講習会を8月23日~24日の2日間にわたり、阿蘇管内4カ所で開催しました。
阿蘇地域は準高冷地であるため、平坦地より早く定植をします。また、今年は平年より気温が高く、例年では問題とならなかった病害虫がイチゴの苗に多く発生しました。
そこで、当課では、JA阿蘇、農薬メーカーと連携し、定植前の病害虫の防除対策やこの時期に大切な灌水管理、定植後のまだら果対策等について説明を行いました。
生産者からは、肥培管理や苗管理等に関する質問や意見が寄せられました。
今後も関係団体と連携し、巡回指導や講習会等を実施することで、管内のいちごの品質向上や生産者の収益向上に向けて取り組んでいきます。

もっと過去の普及現地情報についてはアーカイブで年を選択してください。

アーカイブ

エリアカテゴリ