阿蘇エリア

阿蘇地域は阿蘇市、阿蘇郡を所管しています。標高が200~900mと高低差が大きく、年平均気温は11~14℃で気候は冷涼であり、年間降水量は県内平坦地の1.5倍となっています。
農業生産は、減農薬・減化学肥料栽培による水稲(阿蘇コシヒカリ)や大豆、飼料用稲(WCS)、飼料作物が栽培され、水田裏作として麦が導入されています。野菜は夏季の冷涼な気候を活かした夏秋野菜産地として、トマト、アスパラガス、ホウレンソウ、ナス、ダイコン、キャベツなどが栽培されるほか、冬季にはイチゴの生産が行われています。また、花きでは、トルコギキョウ、リンドウなどが栽培されています。さらに、畜産では広大な牧野(放牧、採草)を活用した肉用牛繁殖経営や、大規模酪農経営が営まれています。

このエリアに関するお問い合わせはこちら

県北広域本部 阿蘇地域振興局 農業普及・振興課

〒869-2612 阿蘇市一の宮町宮地2402

電話:0967-22-0622

FAX :0967-22-3563

阿蘇エリア普及現地情報

2024年6月

new
現地検討会の様子
無人機と有人機との協調作業

ロボットトラクターで農作業を効率化・省力化

阿蘇地域では、農作業受託の増加や作業効率の向上により、農地集積・集約が進み、土地利用型営農法人の経営面積が拡大しています。しかし、規模拡大に対応するための労働力が限られていることから、機械の効率化や作業の省力化が求められています。そこで、昨年度に引き続き全国農業システム化研究会と連携して、スマート農機の活用による水稲栽培作業の効率化・省力化の実証試験を行っています。
当課では、令和6年4月23日に、生産者及び関係機関約30名を参集し、無人機(ロボットトラクター)と有人機(トラクター)との協調作業による基肥散布の現地検討会を開催しました。
検討会では、ほ場2筆を使用し、オペレーター1名で無人機と有人機を操舵する協調作業を実演しました。出席者からはマッピングに関する質問や意見が多く挙がり、特に、従来であれば毎年必要なマッピング作業が、一度測定して得たデータを翌年以降も使用できる※ようになったことに、「さらに作業時間が削減できる」等と参加者の関心を集めていました。
今後、実証試験で得られた成果や検討会での意見を参考に、調査結果をまとめ、スマート農業技術を活用した効率的で安定的な生産による経営体の所得向上を支援していきます。

※ただし、ほ場の形状等に変化がないか確認を行う必要がある

2024年6月

new
喜んで草原を飛び回る牛達
打合せ会議の開催

広大な牧野を活かした広域放牧の開始

4月25日、阿蘇市の阿蘇北外輪山に位置する跡ヶ瀬牧野と狩尾牧野において、阿蘇管外の畜産農家から妊娠牛を受け入れる熊本型放牧畜産事業の入牧式が開催されました。当日は、青空の下、県央及び県北地域の母牛83頭が入牧し、元気よく牧野に駆け出しました。
また、木落牧野(阿蘇市)ではJA菊池から、小倉原牧野(高森町)では宇城地域の任意集団から放牧牛を受け入れており、借り手側(畜産農家)には生産コスト低減や省力化、受け手側(牧野組合)には草原の維持に繋がるといったメリットがあります。
それぞれの受入牧野毎に、放牧を開始する前に関係者が一堂に会した打合せ会議を開催し、昨年度の放牧実績や本年度の計画、放牧牛の健康状態を把握するための衛生検査の日程調整や万一の事故発生に備えた連絡網など放牧推進体制を確認しました。会議では、IoT機器を活用した放牧の実施など活発な意見交換が行われ、今後関係機関と協力して課題解決に向けて取り組んでいきます。
当課では、引き続き、放牧条件の整備やIoT技術の実証、更なる牧野利用に向けたマッチング支援を行い、牧野の畜産的利用(放牧・採草)を推進していきます。

2024年4月

3/26第1回目勉強会 作型の早進化、技術改善点を説明し、本年産から各人が出来る範囲で取り組むことを決定。

JA阿蘇南部トマト部会青年部支援と夏秋トマトの 収量向上への取組み

阿蘇地域の夏秋トマトは、収量、販売価格とも安定しており、昨年度の販売金額は2,100百万円で過去最高の販売金額となりました。
この様な状況の中、JA阿蘇南部トマト部会では、就農7年目以下で20~30代の新規就農者や後継者を中心に11名で青年部が結成されました。彼らは、夏秋トマトの栽培に情熱を持って取り組んでおり、南部トマト部会の中でもトップクラスの収量を上げているメンバーもいます。
しかし、南部トマト部会の平均収量(9.2t/10a)、最高収量(16t/10a)は、阿蘇市を中心とする中部トマト部会に比べそれぞれ約2t少ない状況にあります。このため、青年部は中部トマト部会に負けない10a当たりの収量を目指すとともに、南部トマト部会全体の収量向上に貢献することを目標としています。
また、当課では、これまで夏秋トマトの収量向上対策として、高温対策や地下水位の高いほ場での緩効性肥料の使用などに取り組んできましたが、更なる収量向上には新たな技術改善が必要であると考え、JA営農指導員との意見交換を行いながら検討を重ねてきました。その結果、7~9段果房の着果不良と8月後半から発生する裂果に重点を置き、その技術改善に取り組むこと、南部トマト部会の定植の早進化を図ることとなりました。
今後、当課では、上記改善点の現地実証を進める中で、南部トマト部会では青年部を重点対象として取り組み、その育成を図って参ります。

2024年4月

研修会の様子

地域営農法人の運営をサポートする研修会の開催

現在、阿蘇地域では地域営農法人が20組織設立され、地域の農地を守る担い手として育成することが重要な課題となっています。
そこで、地域営農法人の運営に対するフォロー活動の一環として、3月18日に、阿蘇地域集落営農連絡会、阿蘇地域農業振興協議会との共催により研修会を開催し、法人の役員や関係機関等から約50名の参加がありました。
研修会では、一般社団法人日本協同組合連携機構の小林氏から「集落営農組織・法人の展開方向について」、農事組合法人久石ファームの藤原氏から「(農)久石ファームの取組みについて」を講義していただきました。法人として、担い手確保やコスト削減にどのように対応していくかが共通課題となっており、受講者から「様々な事例を紹介してもらい、今後の法人の方向性を決める参考になった」や「組織の広域化も重要だが、若い担い手確保も重要」と様々な声が聞かれました。
また、当課からは、法人の収益向上や低コスト技術導入に向けた水稲展示ほの成績報告や鳥獣被害対策の指導等を行いました。
当課では今後も研修会を通じて、地域営農法人の経営安定・所得向上に対する支援を継続するとともに、法人間連携の体制構築に向けて検討を進めていきます。

2024年3月

牧野組合情報交換会の様子

牧野組合情報交換会の開催

古くから野焼き・放牧・採草を行い、膨大な時間をかけて形成・維持されてきた牧野は近年、有畜農家の高齢化及び離農による放牧頭数の減少や人手不足が深刻化しています。そこで、阿蘇の広大な牧野の維持・再生及び肉用牛生産の拡大を図るため、牧野組合及び管内関係機関(延べ56名)を参集し、牧野組合情報交換会を開催しました。
牧野における畜産的利用(放牧・採草)を推進するうえで必要な情報・支援策として、省力化技術の取り組み(リモコン草刈り機や放牧牛の監視システム等)や普及活動・試験研究等で得た成果について情報共有を図るとともに、意見交換を行いました。参加者からは放牧牛監視に要する多くの時間を削減するために、GPSを使った管理に取り組んでみたいという意見が多く聞かれました。
現在、飼料や肥料等の価格高騰や子牛価格低迷により、生産現場にとって非常に厳しい状況に直面しています。このような中、改めて自給飼料や堆肥の活用等、国内資源による生産基盤の強化が注目されており、阿蘇地域の草原の維持と持続的農業の重要性はますます高まっています。
農業普及・振興課としては、引き続き阿蘇の広大な草地資源の有効利用とIoT機器等の新しい技術の導入に向けた支援を行い、阿蘇の畜産振興に取り組みます。

2024年2月

研修の様子

市町村・団体等向け阿蘇地域家畜防疫研修を開催

高病原性鳥インフルエンザを始めとする悪性家畜伝染病対策には通常時の準備が必要です。後方支援体制の中心となる振興局内職員に対してはこれまで複数回にわたり研修を行ってきましたが、今回初めて市町村・団体等のみを対象とした研修を開催しました。
研修では、近県の発生から阿蘇管内での発生まで様々なケースを想定し、これに対応する各機関に必要な行動や準備などについて解説を行い、事前の人員貼り付け等の毎年の見直しなど、準備の重要性を伝えました。
また、埋却ができないと判断された場合に使用する可能性のある、移動式焼却炉について、映像を用いてその設置や稼働に必要な条件等を確認しました。
今後も引き続き、万一の発生時に迅速な初動防疫が行えるよう、体制の強化に取り組んで参ります。

2024年2月

中部トマト部会総会・反省会
生育調査の様子

過去最高の販売実績で夏秋トマト出荷終了!

阿蘇地域では、阿蘇市、南阿蘇村を中心に200名の生産者が56haで夏秋トマトを栽培しています。令和5年産は定植時期の低温や、梅雨前線による大雨、異常気象等の影響を受けながらも、順調に生育し、過去最高であった令和4年産の実績を更に上回る販売実績となりました。
さらに収量を伸ばすためには、7月下旬から8月中旬の出荷量の落ち込みを改善する必要があります。初期に草勢を強くしすぎると着果数が増加し、梅雨の曇雨天と重なる時期にスタミナ切れとなり、着果数が減少することがその要因の一つです。特に、地下水位が高く、土壌が乾きづらいほ場では、土壌水分とともに肥料分が吸収されるため、より初期の草勢が強くなる傾向にあります。
そこで当課では、令和3年度から継続して、地下水位の高い地域の初期の草勢コントロールの改善を目的に、肥料溶出が水分の影響を受けない緩効性肥料を利用した実証試験を実施しました。3年間の実証試験により、緩効性肥料を利用することで、初期の草勢を抑え、長期に渡って肥効を維持させることで草勢安定につながり、収量が向上する結果が得られました。
これらの結果を12月に行われたJA阿蘇中部トマト部会、ミニトマト部会の反省会の中で報告し、緩効性肥料の有効性の周知を行いました。生産者からは来作での導入を検討する声や導入に対する相談が寄せられ、関心の高さが感じられました。
今後も、初期の草勢コントロールの技術確立に加え、収量向上に向けた技術支援を行ってまいります。

2024年2月

相談会の様子
決算分析書

地域営農法人向け経営相談会を開催

農家の高齢化や担い手の減少等が加速する中、阿蘇地域では平成27年から多数の地域営農法人(以下、法人)が設立されています。今後、法人の担う役割がますます重要となることから、法人の運営を支援するため、管内19法人を対象とした経営相談会を開催しました。
経営相談会では、各法人の決算書やアンケート調査結果を基に決算分析書等を作成し、経営視点を持ってもらうため、経営状況を説明しました。併せて、農業公社、市町村、JAと連携して、法人が抱える課題について意見交換を行いました。経営分析では、売上部門ごとに製造原価費等を分けていない法人が多く、コスト削減に向けた取組みとして、部門ごとの収支を把握するよう指導しました。意見交換では、各法人によって課題は様々ですが、共通の課題として「労力の確保」や「収入源の確保」等が挙がりました。また、一部法人からは「法人間同士で機械・作業の共同化が必要である」といった意見が聞かれ、将来への危機感が強まっていると感じました。
当課では、法人の経営維持・発展に向けて、土地利用型作物の収量・品質向上や冬作の導入支援、法人間連携に向けた関係機関との協議等を引き続き行っていきます。

2024年1月

今シーズンの広域放牧が終了しました

阿蘇では、阿蘇地域以外から妊娠牛の放牧を受け入れる「広域放牧」が実施されています。11月30日、阿蘇市の狩尾牧野と跡ケ瀬牧野において、今シーズンの広域放牧を締めくくる退牧式が開催されました。これで阿蘇市の木落牧野と高森町の小倉原牧野を含めた4牧野における今シーズン(4月-11月)の全ての広域放牧が終了となりました。
4月下旬から阿蘇の草原でのびのびと放牧されていたあか牛や黒牛は、冬の間はそれぞれ地元の牛舎に帰り、来年の春にまた阿蘇の牧野に戻ってきます。
放牧期間中、草地畜産研究所と協力し、オンラインで放牧牛の位置情報がわかるICT機器の実証試験に取組みました。試験終了後には、「自宅で牛の居場所がわかるから安心だった」、「牛を捜索する際に目星をつけられて便利だった」という声が聞かれました。
当課では、引き続き牧野組合や農業団体等と協力し、広域放牧の拡大やICT機器活用による省力化の検討を進め、牧野の畜産利用を推進してまいります。

2024年1月

過去最高の販売高!阿蘇の園芸品目で「稼げる農業」を実現

阿蘇地域は冷涼な気候特性を生かして園芸品目の栽培が盛んな地域です。管内の農業師匠※1の元で研修を積み、新たに農業を始める新規就農者が多い地域で、その多くはJA阿蘇の各生産部会に所属しています。生産部会の総会や出荷査定会が開催される中、夏秋トマト、アスパラガス、イチゴでは過去最高の販売高を記録し、園芸品目で「稼げる農業」を実現しています。
農業普及・振興課は、これまで品目ごとの課題に対して関係機関と協力しながら解決に向けた支援を実施してきました。その成果が販売高のアップに結び付いたと思っています。総会や出荷査定会では「ありがとう。おかげで良い品質の物が取れたよ」など感謝されることも多く、普及活動の醍醐味を感じる機会が増えています。今後も世界農業遺産※2に認定された阿蘇地域農畜産物の安定供給に向けて、生産出荷体制の更なる強化を図っていきます。

※1:農業師匠とは、阿蘇地域で農業を営む、後進の育成に情熱を持った先進農家。
※2:世界農業遺産とは、国際連合食糧農業機関が開始した仕組みで、次世代に受け継がれるべき伝統的農業や生物多様性、伝統知識、農村文化、農業景観などを全体として認定し、その保全と持続的な活用を図るもの。阿蘇地域は平成25年に認定を受け、今年で10周年。

2023年12月

10周年記念シンポジウム
エクスカーション

「阿蘇地域世界農業遺産」認定10周年!

阿蘇地域の「草原の維持と持続的農業」が世界農業遺産に認定されて、今年で10周年を迎えました。このことを記念し、10月12日(木)に阿蘇の司ビラパークホテルにて、「阿蘇地域世界農業遺産認定10周年記念シンポジウム」を開催しました。
プログラム内のパネルディスカッションでは、生産、食、流通、報道、学術、行政それぞれの分野の専門家にパネリストとしてご登壇いただき、「阿蘇の持続的農業を未来につなぐために」をテーマに意見交換を行いました。
本式典には、県内外から約200名の方にご参加いただき、阿蘇の農業と草原を守るために私たちに何ができるか、一緒に考えるきっかけとなりました。
翌日13日(金)は、41名の参加者を対象に、北コースと南コースに分けたエクスカーションを実施しました。あか牛放牧や牧野散策といった草原の活用状況のほか、水源や資料館等、阿蘇の農業遺産を構成する資源を案内し、阿蘇に対する理解を深めていただいたところです。
今後も、当課では世界農業遺産の周知・PRを通して、阿蘇の農畜産物の認知度が全国的に広がるような取り組みを、関係団体と連携しながら進めて参ります。

2023年12月

話合い活動の様子
設立総会

産山村で新たな地域営農法人「農事組合法人弁財天」が誕生!

農業者の高齢化や担い手不足による耕作放棄地の増加が懸念されている中、当課では、地域の農地を守る地域営農法人の設立を推進しています。
このような中、産山村弁財天(べざいてん)地区において、村で3番目、阿蘇地域で20番目となる地域営農法人「農事組合法人弁財天」の設立総会が、10月21日に産山村基幹集落センターで開催されました。
弁財天地区では、「熊本県未来へつなぐ地域営農組織経営力強化支援事業」を活用し、令和4年度から法人設立に向けて話合い活動に取り組んできました。当課では、村、農業公社やJAとともに話合い活動に参加し、定款や5年間の事業計画の作成などを助言・指導してきました。
その結果、地区内農家22戸、農地28haを集積する同法人が誕生しました。今後は、補助事業を活用して米の乾燥調製施設や収穫機械等を導入するとともに、作業受託に取り組み、経営の安定化を図ります。
当課では、法人の経営安定に向けて、法人運営や作物の栽培技術指導、補助事業活用支援に取り組みます。

もっと過去の普及現地情報についてはアーカイブで年を選択してください。

エリアカテゴリ