鹿本エリア

鹿本地域は山鹿市を所管しています。県の北部に位置する中山間地域で、北に県境の筑肥山麓を中心とした中山間地、東から西に向かって流れる菊池川流域の水田平坦地、南部の畑台地に大別され、それぞれの地域特性を活かした農業生産活動が展開されています。
すいか・メロンのウリ類が基幹作物で、イチゴやアスパラ、輪ギク・ホオズキなど、水田地域では良食味米や麦・葉たばこの県内生産地でもあります。また、中山間地域では、歴史ある山鹿茶・山鹿くりのほか、近年ワイン用ぶどうの栽培を拡大しています。

このエリアに関するお問い合わせはこちら

県北広域本部 鹿本地域振興局 農業普及・振興課

〒861-0594 山鹿市山鹿1026-3

電話:0968-44-2118

FAX :0968-44-2134

鹿本エリア普及現地情報

2022年9月

new
お茶の品質を吟味する参加者
お茶の品質を吟味する参加者

さらなる高みを目指して!お茶検討会を開催

7月15日、山鹿市茶業振興協議会の主催でお茶検討会が開催され、鹿本地域の全6茶工場から20人以上が参加されました。
本会では、各茶工場からの計16点に、県が初めて育成した品種TC01を併せた全17点について検討しました。検討は、茶葉の外観審査と、試飲による水色・香気・滋味等の内質審査の2通りで行い、生産者がそのお茶の栽培・製造方法について説明するという流れで行いました。参加者は出品されたお茶について真剣な表情で評価されていました。
当課では、事前に行った出品茶の成分分析の結果を、試飲後にその見方と併せて説明し、実際に試飲した評価と成分分析の結果を照らし合わせることで、茶の品質について理解を深めてもらうよう工夫しました。併せて、昨年度に生産者に対して行った、品種や樹齢についてのアンケートの結果を説明するとともに、個人や組織の経営戦略に基づく品種導入の検討と、地域全体での改植計画づくりの必要性を伝えました。
当課では、今後も茶業振興協議会の活動を支援するとともに、関係機関と連携しながら、収益向上のためのお茶の新製品開発や、肥料高騰対策としての施肥設計等の支援を行っていきます。

2022年9月

new
輪ギクハウス視察
集荷所での説明の様子

「花、つくりませんか?」新規就農者確保に向けて

鹿本地域は県内でも輪ギクの主要産地ですが、近年は高齢化が進み栽培を縮小する農家が増えており、後継者がいない農家も多く、今後の産地維持のためには新規就農者の確保、定着が重要な課題となっています。
一方で、鹿本地域では毎年10~20名程の新規就農者がいますが、品目は野菜が中心となっており、花きの新規就農はほとんどいないのが現状です。
そのため、まずは鹿本で就農を希望している人に鹿本地域の花き生産について知ってもらうため、JA鹿本地域担い手育成センターに働きかけ、5名の研修生を対象に花きの研修会を開催しました。
研修会では、最初に農業普及・振興課から熊本県や鹿本地域の花き生産について説明した後、輪ギクとホオズキ栽培の現地を視察し、最後に花の集荷施設でJAの花き組織や生産販売について説明を行いました。
研修生からは、花の病害虫や出荷調整などについて質問があったほか、「ハウスで栽培されている花を初めて見た。」「ホオズキは簡易なハウスなのに、キクは想像以上にしっかりしたハウスで作られていて驚いた。」など感想が寄せられ、理解を深めてもらう事ができました。
今後は、鹿本の主要花きで就農した場合の経営指標を作成する計画です。引き続き、花きの新規就農者確保・支援体制づくりに向けて、JAや市などの関係機関と連携しながら活動を行っていきます。

2022年9月

new
栽培ほ場
選果風景

黒武者の販売が好調のまま終了

令和4年産春夏スイカの出荷が7月9日に終了しました。品質・肥大とも良好であったことから昨年を上回る実績となりました。
そのような中、高温期の安定生産のため、導入を進めている「黒武者」についても昨年を上回る実績で終了しました。
令和4年産からは、JA鹿本の実証試験品種に位置付けられたこともあり、栽培面積は昨年の15haから21haまで拡大し、6月の作付け品種で最大の割合を占めるまでに至りました。
ウルミや裂果が少ないといった品種特性についても、生産者間で実感が広がっており、評価も高まっています。
また、市場評価は依然として高く、更なる生産拡大の要望があっており、本年産も通常品種より高値での販売となりました。
鹿本農業普及・振興課では、黒武者の品種としての優位性を検証・確認するため、本年、ウルミや裂果に関する調査を行っています。品種特性や市場要望等を生産者へ周知することで更なる面積拡大を図っていきます。

2022年9月

new
視察の様子(晩白柚)
視察の様子(WCS)

山鹿市4Hクラブ地方間交流会in八代

山鹿市4Hクラブでは、7月28日に八代地方4Hクラブとの地方間交流会を開催しました。
当日は、八代市で晩白柚等の柑橘類を栽培しているクラブ員と、法人の代表としてWCS生産を行っているクラブ員の経営を視察しました。晩白柚の視察では、ほ場で袋掛けされた晩白柚を観察しながら説明を受け、生産や販売について多くの質問を行いました。経営状況や今後の計画等の話もあったことで、刺激を受けたクラブ員も多い様子でした。次のWCSの視察は、まず事務所で経営状況についての説明を受けた後、機械の保管庫やサイレージ置き場を見学するといった流れで行われました。山鹿市からは畜産農家のクラブ員が多く参加しており、飼料生産や給餌について活発な意見交換が行われ、互いに有益な情報が得られたようでした。
過去2年間は、交流会の計画は立てたもののコロナで断念せざるを得ない状況が続いており、今回は久しぶりの開催となりましたが、地域を越えてクラブ員同士の仲も深まり、充実した交流会になったようです。
今後も当課では、4Hクラブ員の資質向上・連携強化を目的とした活動を支援していきます。

2022年8月

研修会の様子
研修会の様子

鹿本地域で初となる集落営農法人の研修会を開催

鹿本地域では現在17の営農法人が設立されており、地域農業の担い手として水田作を中心とした経営が行われています。しかし、構成員の高齢化による労働力の減少や生産性の低下などに加え、近年の米価下落やコスト増といった経営面での懸念材料も加わり、多くの課題を抱えています。
今回、農業普及・振興課と山鹿地域営農組織連絡会の共催で、地域で初めてとなる集落営農法人を対象とした研修会を開催しました。
当日は法人の代表や関係者など約40名の参加があり、鹿本地域にある法人の経営状況、経営に導入できる新規品目の紹介、また、他法人の担い手確保の事例や活用可能な補助事業など、今後の経営に必要な情報についての研修を行いました。
意見交換では、担い手の確保・育成に係る質問や要望が多くあげられ、喫緊の課題は担い手問題であることが改めてわかりました。
今回の研修では情報提供が中心と捉えていましたが、参加者の熱意も高く活発な意見交換が行われました。
今後は法人の個別巡回指導等を行うとともに、担い手の確保に向けた事例研修など法人の課題解決に向けた研修会を企画し、関係機関と役割を明確にしながら支援を行っていきます。

2022年7月

講習会の様子
栽培圃場

ウイルス病対策講習会を3年ぶりに開催!

ウリ類産地で長年課題となっている、退緑黄化病の講習会を3年ぶりに開催しました。過去2年は、新型コロナウイルス蔓延防止の観点から地域対策会議や講習会等の開催は見送ってきました。しかし、関係機関からは意識啓発のために開催を望む声が聞かれておりました。そこで、今回、JA鹿本ファーマーズマーケット夢大地館の出荷者に対する講習会を実施しました。10回の開催で約500名の参加があり、「入れない」「増やさない」「出さない」の基本対策を徹底することの重要性を呼びかけるとともに、ウリ類以外の生産者へは、地域全体で微小害虫対策に取り組むことの必要性を周知しました。
加えて、ウリ類生産者へは、対策への意識や実施状況等に関するアンケート調査を実施しているところです。鹿本農業普及・振興課では、この結果をもとに対策の推進方法を再度検討し、ウリ類の安定生産に向けた支援を続けていきます。
なお、本年産のスイカはゴールデンウィーク明けの5月9日~13日に出荷ピークを迎えました。生育前半の低温の影響で、例年より一旬遅いピークとなりましたが、品質・肥大とも良好なものが全国に出荷され高単価で取引されています。

2022年7月

プロジェクト活動について講義
協議の様子

4Hと普及員との「語る会」~我が家の経営改善を実践!~

山鹿市青年農業者クラブ(以下、4Hクラブ)と普及員との、プロジェクト活動推進に向けた「語る会」を、クラブ員9名と当課職員11名、山鹿市職員1名が参加する中、5月25日に開催しました。
新たに加入したクラブ員もいることから、今年度は4Hクラブの指導経験が豊富な普及員による、プロジェクト活動についての講義を実施しました。プロジェクト活動を行う意義について実体験を交えながら説明があったことで、クラブ員からは「プロジェクト活動は大変なものというイメージだったが、自分の経営にとって身近なものだと再認識できた。」という意見が聞かれる等、加入歴の長いクラブ員にとっても良い学びの機会になったようです。講義の後半には、クラブ員を指名して自身の課題やその解決策を尋ねる時間もありましたが、クラブ員は悩みながらも皆自身の考えを整理して発表していました。
また、続く意見交換会では、5~6名にグループ分けし、机を円形に配置する等発言しやすい場になるように工夫したことで活発な協議が行われ、プロジェクト活動の方針が決まったことで活動意欲の向上にも繋がっています。さらにクラブ員の悩みについて、普及員だけでなく他のクラブ員も一緒に解決策を考えることで、それぞれの経営について見直す機会にもなりました。
当課では、地域農業の未来を担う4Hクラブの活動を引き続き支援していきます。

2022年7月

地域が一つになった新規就農者育成の第一歩!

鹿本地域の産地維持のためには新規就農者の確保・定着が重要であり、近年就農相談も増加しています。これまでは、相談には関係機関がそれぞれ対応し、就農希望者の情報共有や支援にバラつきが生じるなど、関係機関の連携不足が課題でした。
また、山鹿市担い手育成総合支援協議会は、認定農業者支援や農地の有効利用促進等を目的として平成19年度に設立されましたが、これまでの活動では新規就農者支援が十分ではありませんでした。
そこで、昨年度から定期的に開催してきた担い手担当者会議で、同協議会を活用し関係機関一体となった新規就農者支援体制の整備を念頭に協議を重ねてきました。
令和4年6月2日、同協議会の総会が開催され、事務局から事業活動に新規就農者支援を追加すること、PR・就農対策・支援窓口を同協議会に一本化し、新たに就農相談員を設置すること、月1回の新規就農相談会により就農希望者の情報を関係者が共有すること、これまでの担い手担当者会議を同協議会の幹事会と位置付け、研修体制の拡充や就農後の継続的な支援等について今後も検討を続けること等を提案し、了承されました。
今後、鹿本地域の就農者支援は同協議会が中心になり展開していきます。

2022年5月

出品茶生産指導の様子

鹿本地域の一番茶生産が最盛期を迎えています

鹿本地域は岳間茶に代表される古くからお茶の生産が盛んな地域で、中山間地域における重要な基幹作物の一つとなっています。令和4年産の一番茶は平年並みの4月22日から始まりました。
本年は、2月~3月の気温がやや低く推移し、一番茶の生育初期に降水量が少なく新芽の伸びはやや鈍かったものの、中盤以降の降雨により順調に生育しました。
当地域の茶は中山間地域での栽培が中心であるため、狭小茶園や傾斜が大きい茶園が多く、高品質化による収益性の向上を図ることが重要になります。
そのため、農業普及・振興課では当地域の「深く鮮やかな色、まろやかでコクのある甘み」という特徴を十分に引き出した茶の生産に向け、被覆資材の有効活用による茶葉の品質向上、生産者への摘採時期指導、特徴ある茶の製造指導などを実施しています。
また、鹿本地域の茶の知名度向上を図るため、全国茶品評会への出品に対する支援も行っており、本年度も良質な出品茶が生産されています。
当課では今後も、茶の高品質化への支援に加え、収益を向上させるための新商品開発等を関係機関と連携して支援を行っていきます。

2022年5月

葉枯れ症状
土壌断面調査の様子

鹿本特産花き(ホオズキ)良品生産へ向けて

鹿本地域のホオズキは40年以上の栽培の歴史があり、県内でも先導的な産地として積極的に新しい技術に取り組み、品質も高評価を受けています。 
 しかし、近年、葉の黄変や枯れなど、生育不良による品質低下が一定数発生しており、発生要因の解明と対策が急務となっています。
そのため、農業普及・振興課ではJAや農業革新支援センター等の関係機関と連携し、これまで生産者への栽培管理の聞き取り調査や土壌断面調査、土壌や植物体分析等を行ってきました。
その結果、連作が続いているほ場では、苦土過剰などの土壌成分のバランスの崩れがみられ、また、葉枯れ症状が出ている株は根の伸長が悪く、根量も少ないことがわかりました。そのため、現在では土壌分析に基づいた肥培管理の指導を行っているほか、本年度は、発根促進剤を活用した葉枯れ症状の軽減試験に取り組んでいます。
現時点では葉枯れ症状の発生要因は不明ですが、今後も関係機関と連携し、引き続き発生要因解明と対策へ向けた取組みを進め、良品生産による産地維持、経営の安定を図っていきます。

2022年5月

出穂前の小麦「チクゴイズミ」
幼穂の発育を確認

麦類の品質向上・安定生産に向けて

鹿本地域では、営農組織等を中心に麦類の作付けが拡大傾向にあり、また一
部の地区では、種子の生産も行われています。
3月16日に、赤かび病の防除適期判断のため、JA営農指導員とのほ場巡回調査を実施しました。赤かび病防除は薬剤散布による予防が基本となるため、防除適期の目安となる出穂期を正しく見極めることが重要です。出穂期は、生育状況と試験場のデータや生育予測等を活用し、生育状況を確認して総合的に判定しました。調査により判断された防除適期はJAから生産者に周知し、巡回指導時にも情報提供を行っています。
同29日には、麦種子生産ほ場の生育状況を関係機関と共に確認しました。巡回調査時に当課から、初めて種子生産を行う生産者や関係機関の審査員を対象に雑穂の判断基準や注意すべき病害等、栽培や審査に必要な指導を行いました。審査員からは「審査の経験が浅くこれまで判断に迷う場面も多かったが、他の審査員と相談して判断することで理解を深めることができた」という意見も出ており、審査員の資質向上につながりました。
現在、管内の麦類は順調に生育しており、4月には小麦の第一期採種ほ審査を実施予定です。今後も、種子を含めた麦類の品質向上・安定生産に向け、活動を行っていきます。

2022年3月

試験サンプル配膳の様子
食味審査の様子

米の食味コンクールで重点指導地区が上位入賞

鹿本地域は良食味米の産地として知られており、米の食味と産地力向上を目的に、JA主催の「これぞ!一番米コンクール」が開催されています。
5年目となる今年は「ヒノヒカリ」42点、「くまさんの輝き」28点、「森のくまさん」18点と計88点の出品がありました。
一次審査では食味計測器※による分析により上位8点を決定し、11月9日に二次審査として、実食による食味官能試験を実施しました。当課では審査が公平かつ正確に行えるよう、炊飯準備の段階から試験方法の指導や評価方法の説明を行いました。
二次審査まで残ったサンプルは例年にないほど食味の評価が高かった中、当課が毎月生産指導を実施してきた中山間モデル地区の(農)岳間の杜の「くまさんの輝き」が部門2位を獲得しました(審査結果は2月公表予定)。また、出席した部会役員からは「年々、地域全体で米のレベルが上がってきている。我が家の米も食味向上のためにできることはないか考えるきっかけになった。」との声も聞かれるなど、意欲の高まりが感じられました。
当課では引き続き、良食味米生産に向けた支援を行っていきます。

※ 食味計測器 (ケット社AN-820):タンパク含有率、アミロース値、水分等から食味評価値を点数化する。

もっと過去の普及現地情報についてはアーカイブで年を選択してください。

エリアカテゴリ