2022年のエリア普及現地情報

2022年1月

new
集合写真
代表理事挨拶

(農)上田尻AGRI設立

11月6日に産山村上田尻地区で農事組合法人「上田尻AGRI」が設立されました。
当地区は産山村北部に位置し、豊富な水源を活用した水稲栽培が行われてきました。しかし、農業者の高齢化や後継者不足等による農地の維持や景観の保全などの問題があり、次世代へ農地をいかにして引き継ぐかが喫緊の課題となっていました。
このような中、上田尻地区では令和元年度から農地集積加速化事業に取組み、8月に事業推進員会、令和2年11月に営農改善組合を設立しました。農地集積の手法や担い手の形態を検討し、地区内の同意を得るための話合い等を35回も行った結果、地区内農地29haを集積し、農業者15名(うち地区外1名)が参加する「(農)上田尻AGRI」が設立されました。
当法人は組合員15名のうち9名が40代以下で構成されており、法人としての地域活動が大いに期待されています。今後は、法人への農地集積・集約を推進し、機械の整理合理化や低コスト技術の取り組み、作業受託面積の拡大などを行い、経営の安定化を目指します。
当課では、話合い活動への参加のほか、次世代へ農地を受け継げるよう関係機関と連携し法人経営の安定化を図るため、新技術導入や補助事業の活用等の支援を引き続き行っていきます。

エリアカテゴリ